HIR-NET Home C言語 運営者 オンラインソフト 運営者著書 CG HIR-NETリンク集

putsプット・エス関数かんすう
puts function

語源  putプット stringストリング(文字列出力)
分類  C/C++標準ライブラリ/関数/入出力関数/出力関数/文字列出力関数
名称  文字列表示関数(string display function)
対義  gets関数
類似  printf関数
解説  gets関数は、文字列を表示する関数です。stdout(標準入力ストリーム)に、文字列*s…を書き出します。そのとき、出力に改行文字を付け加えます。文字列の終了を示す空文字は書かれません。

関数原型宣言ヘッダ  <stdio.h>
関数原型宣言例
                出力文字列
                    ↓
int puts(const char *s);
↓
0以上:成功
EOF  :失敗
関数返却値
①成功した場合は非負の値を返します。
②書込エラーが発生した場合は EOF(一般に -1)を返します。

注意  改行文字の扱いは関数によって逆になっています。
  gets(捨てる  ), puts (付加して出力)
 fgets(読み込む), fputs(付加しない  )

関数定義例
// puts.c

#include <stdio.h> // stdout,fputs


int puts( // 文字列表示関数  PUT String
// 非負:成功
// EOF :失敗(書込エラー)
const char *s) // 出力文字列 String
{
  return fputs(s,stdout);
} // puts


 プログラム例   

自動改行
\nがなくても改行します。
// puts1.c

#include <stdio.h> // puts
#include <stdlib.h> // EXIT_SUCCESS


int main(void)
{
  puts("\\nがなくても");
  puts("改行する。");

  return EXIT_SUCCESS;
} // main
実行結果
\nがなくても
改行する。





◆リンクは、ご自由にお張りください。

Copyright © 1988-2017 Hirabayashi Masahide  プライバシーポリシー